Asian Link










将来の不安が消える!?



  あなたは、お金がたくさんあれば、将来の不安が消えると

  なんとなく、思っていませんでしょうか?


  実は、どんなにお金があっても

  将来の不安が消えるわけではありません。



  私は、たくさんの資産家を見てきました。


  不安を持っている資産家と、

  不安を持っていない資産家では、

  持っている資産の形態にっよって、

  大きな違いがあることに気がつきました。



  現金や自宅が資産と考えている資産家は、

  その金額がいかに多くても、不安を抱えています。


  反対に、現金に対して強い執着の無い資産家ほど、

  将来の不安を持っていないのです。



  結論を言うと、それは、

  その人のバランスシートの問題だけです。


  バランスシートとは、日本語で「貸借対照表」と言います。


  何か難しいように聞こえるかもしれませんが、

  要は、入ってくるお金と出ていくお金のバランスです。



  左側に「お金が入ってくる原因 (資産)」、

  右上に「お金が出ていく原因 (負債)」、

  右下に「残っているお金 (資本)」です。



  実は、不安を抱えている人の殆どは、

  「残っているお金 (資本)」は持っていても、

  「お金が入ってくる原因 (資産)」が貧弱です。


  そして、生きているだけでも、お金が出ていき、

  医療費や介護費用などを考えれば、

  「お金が出ていく原因 (負債)」は減らないのです。


  負債は、借金と考えがちですが、

  それだけではありません。


  おいしいものを食べるでも、孫の訪問でさえ、

  「お金が出ていく原因 (負債)」です。


  どんなに節約しても、生きている限り、

  負債を消すことはできないのです。



  そして、老後になれば、働くことが出来ませんので、

  これまでのような「お金が入ってくる原因 (資産)」は

  なくなってしまいます。


  年金も制度疲労を起こしていますので、

  当てにすることなどできません。


  そして、残っているお金 (資本)を

  取り崩す未来になります。


  資産からの収入 < 負債からの支出


  これを変えることが出来ない現実こそが、

  将来の不安になっているのです。


  つまり、どんなにお金を持っていても、

  負債は消せませんので、

  負債以上に増やせる資産を持っていなければ、

  資本が確実に減っていくのです。



  しかし、将来の不安を消すことは簡単です。


  この「資産の中身」を変えればいいだけです。



  将来の不安を持っている人の多くは、

  資産をほとんど収入が生み出されない

  現金や預貯金にしています。


  どんなにお金が残っていても、

  今のように国と日銀が示し合わせたように

  金利をゼロ近くまで下げれば、

  負債を上回る収入を得ることは出来ません。


  そして、将来に不安のない人たちは、

  現金などたくさん持っていません。


  なぜなら、「お金が十分に入ってくる原因 (資産)」を

  持っているからです。
 


  もしあなたが、将来に不安を持っていたら、

  最初に、このことに気づいてください。


  そこに気がつけば、あなたの未来は

  大きく変わってきます。


  もちろん、ある程度の資産額がなければ、

  負債を上回る収入にはなりません。


  それでも、資本を取り崩す人と

  収入を生み出す資産を持っている人では、

  雲泥の差になります。



  なお、資産と言っても、リスク高い株式やFX投資、

  収益力の低いコンドミニアムでは意味がありません。


  リスクを抑えて、収益力の高い本物の資産を持つことが、

  あなたの将来の不安を消すことになります。



  私たちが、あなたのお力になれると考えております。


  遠慮なく、ご相談ください。


  お問い合わせフォーム


  将来の不安を消す第一歩になります。