Asian Link










なぜ、海外なのか?



  日本に投資するものがないわけではありません。


  また、海外投資は日本国内の取引よりも手続きが面倒です。


  それなのに、私たちが海外投資を勧めるのには理由があります。


  では、あなたが安くて最高のモノを手に入れたいと思ったとき、

  その選択肢は、近くの雑貨屋さんで売っているもの中だけから

  選ぶでしょうか?


  それとも、インターネットを隈なく探して見つけ出しますか?


  また、難病にかかったとき、

  近所のホームドクターに治療してもらいますか?


  それとも、その分野で最高の名医にかかりたいですか?


  あなたが、最高の結果を得ようと思ったら、

  まず、「最大の選択肢」が必要ではないでしょうか?


  投資なら、海外も含めて投資対象を探した方が

  よいのではないでしょうか?


  もちろん、日本でも海外に投資をする外国投資信託が売っています。

  しかし、それらは、全世界の投資対象からすると

  ほんの一部に過ぎません。


  また、日本では既得権を持った業界を守るための規制が、

  海外の有利な金融商品が入ってくることを阻んでいます。


  事実、日本の投資信託の9割が損をしているというは、

  その証左だと思います。



  だからといって、いきなり海外というのは、

  唐突に思えるかもしれません。


  けれども、日本国内の投資に拘る必要はあるのでしょうか?


  日本国内の投資対象で十分な利益が得られるでしょうか?



  また、海外から日本を見ると、日本のカントリーリスクが、

  いかに大きいかと思います。


  ご存知だと思いますが、日本の財政は非常に悪化しています。


  日本の借金のGDP比は、世界第2位です。


  世界1位は、インフレ率が何兆%のジンバブエです。


  はっきり言って、北朝鮮より財務状況が悪いのです。



  日本の財政は、あと1年持つでしょうか?


  もし、日本が財政破綻をしたら・・・



  日本に住んでいたら、そんなこと考えたくないと思います。


  人間は、「受け入れたくない未来」は

  否定する傾向があります。



  それでも、現実は覆せません。


  年金制度は間違いなく崩壊するでしょう。


  日本の未来は決して明るくありません。


  どかで、今の歪みは現れる確率の方が、ずっと高いと思います。



  国は、借金で生計を立てています。


  収入の27倍の借金です。


  年収370万の人に喩えたら、1億円の借金を抱えている状況です。


  しかも、全財産を売り払っても、3170万円の借金が残る状態です。


  もはや、引き返すことができない水準です。



  近い将来、国の危機は必ず訪れるはずです。


  その時、円で持っている資産は、紙切れになる可能性があります。


  国が借金を返すために、国民に資産税を課す計画もあります。


  その時、あなたはすべてを受け入れる覚悟がありますか?



  もし、それが嫌なら、海外に資産を逃がすことも考えてください。


  もちろん、単純な海外銀行にお金を逃がすだけなら、

  日本で課税をされるだけです。


  海外移住、課税されにくい合法的な海外投資などで、

  財産を守ることも出来ます。


  特に海外への投資には、危険が伴います。


  私たちが、あなたに代わって詳しく調査をするので、

  海外投資のリスクを大幅に軽減することが出来ます。